愛知県名古屋駅前の弁護士 交通事故による後遺症・後遺障害の法律相談

電話予約は052-587-3555

メールでの予約はこちら

損害額の算定方法

1. 後遺障害等級の決定

交通事故に遭って怪我を負った場合、治療をしても元通りには回復しないことがあります。その場合、あなたの後遺症の程度に応じて1級〜14級の「後遺障害等級」が決まります。
この等級に応じて、後遺障害慰謝料・労働能力喪失率が決定されていきますから、後遺障害等級はとても重要な基準となります。

2. 損害項目の計算

交通事故に遭ったことで生じた損害を、金銭的にいくらと評価するかという問題です。
損害には様々な側面があるため、損害の分類ごとにそれぞれ損害額を計算し、最終的にそれら全てを合算したものが損害の総額となります。
損害項目の代表的なものは以下のようなものです。

  • 後遺障害慰謝料
  • 後遺症逸失利益
  • 傷害慰謝料
  • 休業損害
  • 治療費
  • 通院交通費

3. 過失相談・損益相殺の計算

交通事故は、加害者側が全面的に悪い場合(被害者側過失ゼロの場合)もありますが、被害者側にも一定割合の過失が認められるケースも珍しくありません。
こういった場合、損害額全体を確定した上で、過失のある割合だけ請求額を減らす操作を行います(過失相殺)。損害により何らかの支払を免れ利益を得ているような場合、その得た利益の分だけ請求額を減らす操作も行われます(損益相殺)。

>> 後遺障害慰謝料

>> 後遺障害逸失利益

>> 傷害慰謝料

弁護士に依頼するメリットは?

後遺障害でお困りの方

死亡事故の遺族の方

弁護士・事務所紹介

メールでのご予約はこちら電話でのご予約は052-587-3555